ビルドアップ走~2017年の東京マラソンでサブ4完走を目指す!~

2016年4月29日トレーニング, マラソン

Running Woman

photo credit: 2013-12-07 Gunner Shaw Memorial Cross Country Race 053.jpg via photopin (license)

 

本日は3連休の最終日。春分の日である昨日は東京では19度と気温も上昇し、かなり暖かい日となりました。

 

 

僕は昨日は「ビルドアップ走」のトレーニングを行いました。

 

今回の記事では「ビルドアップ走」について書きたいと思います。

 

ビルドアップ走とは?

「ビルドアップ走」とはマラソンなどの長距離走でよく行われる練習方法であり、初めはゆっくりと走り、走るにつれて徐々にスピードをアップし、最後は目標とするレースペースより速いペースまで上げて走り切る練習方法です。

 

初めはゆっくりと走り、徐々にスピードを上げていくため、長い距離を走り切るための身体を鍛え上げる練習と言えます。

 

ビルドアップ走で期待できる効果

一般的に「ビルドアップ走」では以下の効果が期待できると言われております。

スピードの強化

ビルドアップ走は最初はゆっくりのペースで走り、そして段々とペースを上げていきます。

 

後半は目標よりも速いペースで走るようにすると、スピードを出すために必要な筋力の強化につながります。

 

また脚への負担も軽減され、心肺機能の強化にも自然とつながっていきます。

 

スタミナの強化

ビルドアップ走は比較的長い距離を走ることに適したであるため、スタミナ強化を目的とした練習にもなります。

 

また後半にかけて徐々にペースを上げていくため、長い距離を走り切るための脚を鍛え上げていく練習でもあります。

 

ペース感覚の向上

ビルドアップ走では比較的ゆっくりとしたペースで走りはじめ徐々にペースを上げていく練習のため、自分に適したペースを把握することができます。

 

また徐々にペースを上げ、時計を意識して走ることになるため、自然と自分でペースをコントロールするようになります。

 

 

最後に

以上のような効果が見込めるビルドアップ走ですが、気をつけないといけないポイントもあります。それは「一気にペースを上げすぎず、最後まで失速せず走り切って終わること」です。

 

これを意識してトレーニングを行うことで、スピード、スタミナが鍛えられ、そしてペースコントロールも覚えられます。

 

これを先日紹介した「LSD」と組み合わせながらトレーニングを続けたいと思います。

 

※LSDのトレーニングについては、こちらをどうぞ!

LSDトレーニング~2017年の東京マラソンでサブ4完走を目指す!(その2)~

 

関連書籍

 

応援のクリック、よろしくお願いします↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

The following two tabs change content below.
まなたけ
お問い合わせはこちら
「ビジネス書のエッセンス」管理人。 本業はITエンジニア。 仕事の傍ら、マインドマップ付きのビジネス書書評をブログで執筆。 ビジネス書の書評の記事は「本で伝えたいことを洞察鋭く的確に捉えている」と、著者や編集者などから好評をいただいている。7年連続で日本初のビジネス書アワード『ビジネス書大賞』に投票。 その一方で、「書くのが苦手」という人に向けて、『「書く」が最強の武器となる』というブログも執筆中! 趣味はランニング。マラソン大会でサブ4(4時間以内)での完走を目指してトレーニング中!

PAGE TOP