【その5】これで完結!今回の教訓を糧として次回こそは2時間切りを!(多摩川ハーフマラソンレースレポート)~2017年の東京マラソンでサブ4完走を目指す!~

マラソン, レース

 

2016-05-21 09.01.25

(前回まで)
初めてのハーフマラソン大会となる『春の多摩川ハーフマラソン』に参加した僕は15kmまでは2時間を切るペースで走っておりました。

 

しかし、残り6kmのところで完全に失速!最後は7分台のペースで走り、疲労困憊でのゴール!ほろ苦い初のハーフマラソンとなった今回の多摩川ハーフマラソンでした。
5回にわたって書いてきた多摩川ハーフマラソンの完走記も今回で完結!

 

今回はゴール後の様子と、次回に向けての決意をまとめとして書いていきます。

 

前回までの記事はこちら!

【速報】初めてのハーフマラソンを完走しました!(多摩川ハーフマラソン)~2017年の東京マラソンでサブ4完走を目指す!~

【その1】初めてのハーフマラソンのスタートを切るまで!(多摩川ハーフマラソンレースレポート)~2017年の東京マラソンでサブ4完走を目指す!~

【その2】いくらなんでも、それはツッコミ過ぎだろう!(多摩川ハーフマラソンレースレポート)~2017年の東京マラソンでサブ4完走を目指す!~

【その3】快調ペースの一方で、”暑さ”が少しずつ堪えてくる!(多摩川ハーフマラソンレースレポート)~2017年の東京マラソンでサブ4完走を目指す!~

【その4】最後はボロボロになりながらゴール!(多摩川ハーフマラソンレースレポート)~2017年の東京マラソンでサブ4完走を目指す!~

 

ゴールの後

疲労困憊でゴールした僕は、すぐにゴール横の芝生(草むら?)に座り込んでしまいました。

 

暑かった~!さすがにフラフラ!

 

しばらく立ち上がることができませんでした(–)

 

時間が経ち、立ち上がって完走証を発行するテントに並び、完走証を受け取りました。

多摩川ハーフマラソン完走証_20160521

 

タイムは2時間2分18秒!これが僕の初ハーフマラソンでの記録となりました。

 

でも、2時間は切りたかった!

 

一度、荷物置き場に戻り、持参したポカリスエットを飲みながらAさんと会話!

その後にチップを渡すのと、預けた貴重品を受け取るために大会本部のにテントに行きました。そして、チップと引き換えに参加賞のアクエリアスと貴重品を受け取り、荷物置き場に戻りました。

 

そして荷物置き場で着替え、会場を後にし、次の予定である渋谷に向かったのでした!

 

今回の反省と次回に向けて

2時間を切れなかったのは、やはり力不足の一言です!

 

15kmから失速したのはハーフマラソンを2時間以内で走り切るだけの走力がなかったということです。まずはハーフマラソンを走り切るための走力をつけることが必要となります。そのために必要となるのがロング走!長い距離を走ることで走力をつけていこうと思います。

 

また、最後は軽い熱中症の症状を感じながら走ったように、暑さがかなり堪えました。暑くなることは予想はできていたので、すべての給水所に立ち寄り、こまめに給水をとってはいたのですが……今から振り返ると、給水をとってはいたものの、「体を冷やす」ということをしていませんでした。

 

このような暑い日には首や頭に水をかけ、体を冷やすことが必要となります。しかし、僕はそれをほとんどやっていなかったため、体に熱がこもり、軽い熱中症の症状を感じたのかなと思いました。

 
今回のレースはほろ苦いものとなりましたが、いい経験になりました。やはり走ってみないとわからないことがあります。今回の経験を踏まえ、自分の目標を達成するために、またトレーニングを積んでいこうと思います。

 

そして、今度こそはハーフで2時間切りを達成するぞ!

 

関連商品

 

応援のクリック、よろしくお願いします↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
まなたけ
お問い合わせはこちら
「ビジネス書のエッセンス」管理人。 1966年生まれ・秋田県出身。システムコンサルティング会社では、顧客管理及び営業支援システムの企業への導入・運用サポートを担当。趣味は読書とランニング。仕事の傍ら、読んだビジネス書の感想やおすすめポイントを紹介するビジネス書書評ブログを執筆。ランニングではサブ4(フルマラソン4時間以内での完走)を目指してトレーニング中。

PAGE TOP