【注目ニュース】LINEが日米同時上場!世界の中での「スマートポータルの成否」が今後のカギ!

注目ニュース

LINE

 

LINE社が7月15日に日米同時に株式上場しました。

 

メッセンジャーアプリ”LINE”やキュレーションサービス”NEVERまとめ”、そしてブログサービスである”Livedoorブログ”などを運営する同社が今まで上場していなかったのが不思議な気もするのですが、今回の日米同時上場によって、”世界を見据えた事業展開をするための上場”を整えようとしているのではないかと思います。

 

では、そんなLINE社の今後はどこを見据えているのか?

 

LINE社の上場に関するニュースを読みながらまとめてみました。

 

世界のメッセンジャーアプリの市場では決して大きくはないLINEのシェア

LINEスタンプの人気もあり、日本国内では圧倒的な人気を誇るLINEですが、世界のシェアを見たときには、決して高いシェアを誇っているわけではありません。

全世界の月間アクティブユーザー数(MAU)

1位 ワッツアップ 10億

2位 フェイスブックメッセンジャー 9億

3位 QQモバイル 8億5300万

4位 ウィーチャット 6億9700万

5位 スカイプ 3億

6位 バイバー 2億4900万

7位 LINE 2億1500万

NHK NEW WEB『LINE上場へ 世界でどう戦う』より)

 

LINEは世界で見ると第7位。1位のワッツアップとは7億以上もの差があります。なお、ワッツアップはフェイスブック社が買収したサービス。両社を合わせると、フェイスブック社のメッセージサービスは19億ものアクティブユーザーがいることになります。

 

利用者間でよくやり取りするメッセンジャーサービスがあると、常にそれを使いたがるもの!僕も友人とのメッセージのやり取りは、主にフェイスブックメッセージを使ってコミュニケーションをとることが多いです。このように先行サービスがあるとコミュニケーションスタイルが出来上がってしまうため、後発のサービスはなかなかユーザーが乗り換えづらいという特徴があります。

 

このため、LINE社の出澤社長も「スマートフォンメッセンジャーの陣取り合戦はほぼ終わった」と述べているように、メッセンジャーサービスのみで世界で戦うのではないということが同社長の言葉からも読み取れると思います。

 

カギを握るのは「スマートポータル」

今回のLINE社の上場ニュースの中で同社の出澤社長が述べていた「スマートポータル」という構想が今後のカギを握りそうです。

 

「スマートポータル」とはメッセンジャーサービスを入口に、「LINE MUSIC」「LINE GAME」「LINE PAY」などの様々な連携サービスを組み合わせながら”一つのプラットフォーム”として確立させるというものです。このプラットフォーム上で経済圏を形成させることで利便性を高め、ユーザーを獲得していこうという狙いが見て取れます。

 

同社が推し進めようとしているのは、単に日本のサービスを海外展開するのではなく、現地に合わせて”ローカライズ”することで、シェアの獲得を狙うというものです。事実、タイではLINEを宅配や食料品の配達サービスを展開したところ、交通渋滞の激しいタイで人気のサービスとなっております。「ローカライズを徹底した“カルチャライズ”によって、アジアではやや後発でもシェアの巻き返しに成功した」(出澤社長)と述べるように、現地に合わせた利便性の高いプラットフォームを構築し、世界に展開していこうとしているのです。特に東南アジアや中東など、まだメッセンジャーアプリの優劣が決まっていない国や地域で市場開拓を進めていくものと思われます。

 

とはいえ、LINEの世界のシェアという観点から立つと、その規模は小さいものです。そんな中で戦いに挑むLINE社の「スマートポータル」構想が成功するのか?今後の展開に注目したいと思っております。

 

関連書籍

応援のクリック、よろしくお願いします↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
まなたけ
お問い合わせはこちら
「ビジネス書のエッセンス」管理人。 1966年生まれ・秋田県出身。システムコンサルティング会社では、顧客管理及び営業支援システムの企業への導入・運用サポートを担当。趣味は読書とランニング。仕事の傍ら、読んだビジネス書の感想やおすすめポイントを紹介するビジネス書書評ブログを執筆。ランニングではサブ4(フルマラソン4時間以内での完走)を目指してトレーニング中。

PAGE TOP