【気になる本】2017年1月に発売される新刊のうち、「注目の本」をピックアップしました!(その1)

ビジネス書, 気になる本

 

今回は、Amazonの新刊コーナーを見て、2016年12月に発売される新刊のうち、僕が「おもしろそうだなあ!」と注目した本を紹介いたします。

 

よろしかったら、是非、予約を、もしくは発売日に手に取ってみてください!

 

HIGH OUTPUT MANAGEMENT(アンドリュー・S・グローブ著)

 

シリコンバレーのトップ経営者、マネジャーに読み継がれる不朽の名著、待望の復刊! !

インテル元CEOのアンディ・グローブが、後進の起業家、経営者、マネジャーに向けて、一字一句書き下した傑作。
『HARD THINGS』著者のベン・ホロウィッツ、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグなど、シリコンバレーの経営者や幹部たちに読み継がれ、大きな影響を与えてきた。

 

アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、マネジャーが最も注力すべき仕事はなにか、タイムマネジメントの方法、意思決定のときにしてはいけないこととは、ミーティングはどう進めるべきか、1対1の面談(ワン・オン・ワン)ではなにを話すのか、人事評価はどう判断すべきか――。
マネジャーなら誰もが悩むことに答えてくれる、実践的で役に立つアンディ・グローブのアドバイスが満載の経営書である。

気になるポイント

シリコンバレーの経営書では定評のある日経BP社からの発刊となる本書。

元インテルCEOのアンディ・グローブが後進の起業家に向けて発したメッセージとはどのようなものか?

興味深い本です!

 

AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である(成毛 眞著)

 

◎「STEAM」を知らない奴に5年後はない

ビル・ゲイツもSTEM(STEAM)という言葉を使い始めた。
大人はもちろん、初等教育からSTEMを重要視することこそ国の競争力に直結する、と。

国民全員が研究者やエンジニアになる必要はないけれど、国全体の科学技術リテラシーが上がらないと、5年後、10年後に出現している商品やサービスが魔法に見えてしまう。

結果的に、生きているのではなく、生かされているような感覚が生まれる可能性があるし、反知性主義に閉じこもることになるかもしれない。
――成毛 眞

気になるポイント

「”STORM”って何?」「なぜそれが最強の武器になるの?」

本書のタイトルを見たとき、そう思いました。

とはいえ、時代を紐解くのが得意な成毛さんが「STORMを知らない奴には5年後はない」と言っているのだから、俄然、注目せざるを得ません。

 

未来を味方にする技術(斎藤 昌義著)

 

Amazon内容紹介より

たった7年で売上1兆円にもなったタクシー配車サービスUber。
あなたにだって、そんな革新的なビジネスは作れる!

数週間かかっていた仕事を、たった1日で終わらせる。
「人間にしかできなかったこと」を機械に置き換え、「人間にはできなかったこと」を実現する
――あたらしい常識を次々と生み出す原動力となるITを使いこなすためには、どんなことを押さえればいいのか?

人工知能、IoT、FinTech、シェアリングエコノミ―、bot、農業IT、マーケティングオートメーションといった最新のトレンドから、これからも変わらないITとの付き合い方までを図解とともに解説。

図はPowerPointデータとしてダウンロード、ロイヤリティフリーで利用可能。

気になるポイント

新しいビジネスの創出において、IT技術無しには難しいです。

そして、IT技術をどのように活用するかにより、ビジネスの成否が決まるといっても過言ではありません。

ITを活用したビジネスに詳しい著者が、最近のITトレンドをどのように見ているのか?

注目の本です!

 

ムダにならない勉強法(樺沢紫苑著)

 

「勉強しても、評価も給料も上がらない」

あなたも、こんなふうに思っていませんか?

勉強しているのに満足のいく結果が得られていない人は、例外なく「ムダだらけの勉強」をしています。

時間のムダ。お金のムダ。労力のムダ……。
本書では、こんなもったいない勉強の仕方ではなく、「本当に身につく」勉強法についてお伝えします。

著者は、15万部を突破した『読んだら忘れない読書術』を書いたベストセラー作家であり、精神科医でもある樺沢紫苑先生。

精神医学、脳科学、心理学で裏付けられた、「最短で最大の効果が出る勉強法」をはじめて公開します。
また、「SNSの超プロ」としての立場からも、ソーシャルメディアを使いこなし、勉強で得た知識をアウトプットする方法、圧倒的に自己成長するための方法もお伝えします。

ぜひ、本書で「ムダにならない勉強法」を実践してみませんか?

気になるポイント

15万部突破した『読んだら忘れない読書術』の著者であり、SNSを通じてアウトプットをし続けてきた著者が、どのように勉強してきたのか?

そして、「ムダにならない勉強法」とはどのようなものか?

「ムダにならない勉強法のノウハウを知りたい」と思い、本書をピックアップしました。

応援のクリック、よろしくお願いします↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
まなたけ
お問い合わせはこちら
「ビジネス書のエッセンス」管理人。 1966年生まれ・秋田県出身。システムコンサルティング会社では、顧客管理及び営業支援システムの企業への導入・運用サポートを担当。趣味は読書とランニング。仕事の傍ら、読んだビジネス書の感想やおすすめポイントを紹介するビジネス書書評ブログを執筆。ランニングではサブ4(フルマラソン4時間以内での完走)を目指してトレーニング中。

PAGE TOP